赤ちゃんが便秘の時にうんちをだしてあげる方法の一つに綿棒浣腸があります。
赤ちゃんの便秘で悩んでいるママのあいだでも口コミで広がっていますので、
ご存知のママも多いと思います。

初めて赤ちゃんに綿棒浣腸をするのは怖いものです。
でも、意外と気にしないで大丈夫です。
私なんか娘が赤ちゃんの時にぐりぐりやったものです。(笑)

■綿棒浣腸のやり方
綿棒の先にベビーオイルをたっぷりと含ませ滑りを良くします。
肛門の入口辺りをちょこちょこと刺激したり、
綿棒の綿の部分位を肛門に入れてみましょう。
くるくると動かしながら刺激してあげましょう。
あまり長いと肛門を傷つけてしまう可能性がありますから短時間にした方が良いでしょう。

もし赤ちゃんの肛門に綿棒を入れるのに抵抗がある場合は、
綿棒で赤ちゃんの肛門の回りをくすぐるだけでも効果がある場合があります。

■綿棒浣腸をする時の準備・注意点
赤ちゃんに綿棒浣腸をすると、すぐにバっとウンチが出る場合があります。
綿棒浣腸をする時は新聞紙などを敷いてやった方が良いですよ。

ただし、綿棒浣腸はうんちが肛門付近まで来ていないといくらやっても効果はありません。

赤ちゃんの便秘でお悩みのママ、
カイテキオリゴをあげて赤ちゃんのお腹を活性化させてあげて下さい。

カイテキオリゴの公式サイトでは、安全に便秘を解消した方の喜びの声を紹介しています。
参考にしてみてはいかがでしょうか?

公式サイトへ>>>こんなの無かった!毎日のすっきり習慣☆

私のカイテキオリゴの体験談へ